JSCCを事業とする企業比較サイト

ホーム > 計測器の校正について > 計測器の校正はトレーサビリティが重要

計測器の校正はトレーサビリティが重要

 計測器の校正作業は、単純に点検するだけでは済みません。正確で信頼できる測定結果を得るためには、校正とトレーサビリティについて理解を深めておく必要があります。計測器が正確な値を示すように、定期的な点検を実施するとともに補正が必要となります。計測器は定期的に点検しなければなりませんが、その履歴や、どの機器を用いて点検及び調整を行ったかが明確になっていなければなりません。
 また、校正は実施する際には、トレサーブルであることが要求されます。つまり、基準となっている機器を履歴から辿ることで、最終的に標準器に行き着くことができて、初めて信頼される測定結果となります。測定結果を担保するためには、最終的に測定結果が国家標準まで辿ることが可能であることが要求されています。計量に関わる国の基準をさせる制度にはJCSSと呼ばれる制度があり、国が測定の基準定めていることになります。


 計測器の校正の信頼性を担保する制度

 計測器の測定結果が正しいことを担保するためには、定期的に点検および補正作業が実施されているだけでは足りず、国家標準の機器にたどり着くためのトレーサビリティが確保されていることが必要となります。つまり、校正作業がどの機器で実施されたのか履歴情報が残されていることが求められます。
 点検後には、国家標準器まで遡って辿ることが保証されていなければ、その作業は著しく信頼性を欠いていると言わざるを得ません。国家標準の機器まで遡ることができる履歴情報をいつでも参照できることが重要です。測定器の基準を規定しているのが計量法です。校正作業がトレーサブルであることを定めている制度及び、そのためのスキルを事業者が保有していることを認定する制度が定めれており、これによって計測器の確からしさが保証されることになります。


 良質な計測器を利用して校正を行いましょう

 印刷の技術は上がっています。昔のように印刷工場で大型の機械を利用して大音量の中で印刷作業を行うのではなく、IT機器を駆使して効率よくスピーディーに行うことが可能になっています。音も静かです。また印刷そのものの精度も上がっていて、原稿に対するズレや文字の誤りなども、昨今の技術進歩とともに圧倒的に軽減されています。その理由には、高性能の計測器が出てきたことがあります。
 あらゆる印刷物の校正にもきめ細かい補正機能が付いていますので、ミスが出ないシステムが完全に出来上がっていると言って過言ではないでしょう。人類と文章との関わりは深く、そのかかわりの歴史とともに文章ミスとの関連も切っても切れないものがあります。校正技術の進歩は、人類にとって大変重要な進化と言ってもよいでしょう。今後もさらに精度の高い印刷機器や、計測器が発表されることでしょう。

次の記事へ