JSCCを事業とする企業比較サイト

ホーム > 計測器の校正について > 計測器の校正をこれから検討するなら

計測器の校正をこれから検討するなら

国内では様々な物作りが行われていまして、これは例えば電化製や日用雑貨など幅広い商品が有ります。
これらの各商品では目的とする機能を果たす為に、製造工程で作られた部品などが決められた寸法や形状を維持しているか管理を行っています。
この際には様々な計測器を用いていますが、これ自体が正しく計測を行えるかについても定期的に校正を行い確認する必要が有ります。
校正を行う為にはトレーサビリティの確保された基準器を用意して管理する事や、測定できる環境を整備して行く事が必要です。
小さな規模の会社では、これらの計測器の校正を社外に依頼して対応するケースも有ります。
この際には対応納期であるとか出張対応の可否、そして料金設定などの各種条件を比較しながら検討を行う事が必要となり、インターネットの比較サイトの活用がお勧めです。



計測器の校正を外部業者に依頼するなら

国内の主要産業としましては製造業が挙げられますが、これは家電製品や自動車など様々な分野において競争力を高めて来ています。
そして製造業においては要求される品質を確保する為に、加工条件の設定や工程管理を実施しています。
これらの工程管理においては各種計測器を用いて寸法や形状などの測定を行い、安定した物作りが行えているかを確認しています。
そして計測器自体も問題なく使用出来ているかを定期的に校正を行って確認して行く必要が有ります。
この校正に際しては基準器を用いて実際に計測を行い、現在使用している計測器が正しい値を示しているかを確認して行きます。
これらの校正を社内で行うには、基準器の管理や測定室の整備そして人員の確保などが必要となりますので、社外に依頼して対応するケースも有ります。
外部業者の選定に際しては比較サイトを活用する事がお勧めです。



計測器の校正を社内で対応するなら

製造業では食料品を始めとしまして生活雑貨や衣服など様々な商品を製造して販売を行っています。
これらの商品は工場で製造されていますが、一定の品質を確保出来る様に製造条件を管理する事や或いは作られた商品の出来栄えを定期的に確認しています。
これは例えば商品の寸法であるとか重量などが有りまして、専用の計測器を用いて測定を行っています。
これらの測定結果は推移図などに記載して傾向値管理を行い、規格外れなどの未然防止に活用しています。
そして計測器自体も正しい測定が行えているかを定期的な校正を実施して確認を行っています。
これらの校正を社内で対応するには基準器などの整備を行う事に加えて、これを管理したりする場所の確保に加えて、専門知識を保有する作業者を確保する事が必要です。
また校正した記録を管理して行く事も必要です。

次の記事へ