JSCCを事業とする企業比較サイト

ホーム > 計測器の校正について > 計測器の校正を定期的に実施する

計測器の校正を定期的に実施する

国内には多くの会社で様々な商品を製造しています。
これらは製造工程において定められた製造条件の管理を行いながら一定品質の商品が作られています。
また実際に作られた商品の出来栄えを計測器を用いて定期的に確認して、正しく物作りを行えているかチェックしています。
そして計測器は使用を続けて行きますと測定する部位や機構が劣化してきますので、日常点検に加えて定期的に校正を行って確認する事が必要です。
これらの校正の際には寸法や重さなどの基準器を用いて測定を行い、これと同じ値が出るかを確認します。
これによって計測器が正しい状態であるかを把握してゆく事が出来ます。
これらの校正を行う際には大きく分けて、基準器や測定環境そして作業者を自社内に整備して対応する場合や、外部の専門機関に依頼するなどして対応するケースが有ります。



計測器の校正が重要であることとその方法

計測器によって出てくる測定値は誤差が存在する場合がありますが、それが大きくならないようにするためには校正が必要です。
この作業は計測器が示す数値と標準の数値との間の誤差がどのくらいあるのかに関してチェックすることだとされます。
チェックを行わないと測定によって出てきた数値の信用性が失うことになるので、それを防ぐ上でも重要だと言われています。
この作業を行うための方法の一つに、社内でするという方法が存在しています。
この方法は社内における校正者が規則に従って、周期などを決めて行うという方法です。
ただ、この方法を講じる場合はその者を会社の中で認定する必要があるとされています。
また業者への依頼という方法も存在していて、機器を送って校正をしてもらうという方法です。
業者への依頼の際はこの作業に関する内容を確認する必要があると言われています。



ノギス計測器の使用方法と校正方法

日本においてものづくりにおける技術は、とても高く高性能な物がとても多いです。
職人といった技術力のある作り手の存在だけでなく、日本人独特の几帳面といった性格なども関係しています。
物を作る上で重要な長さをはかるために重要な計測器の種類は数多くありますが、その中の種類の1つとしてノギスがあります。
ハイトケージとも呼ばれるタイプであり、特徴として外形の長さを測ることが可能です。
そのほかに内径や段差といった長さも測ることができる特徴があります。
ノギスの種類としては一般的にM型ノギスが主流ですが、大物を作成する場合はBC型ノギスを利用します。
そのため作り物のサイズに合わせてノギスも使いわけるようにします。
校正は正しい長さを測る為に必要なことであり、測り方としては最初に1度測定しその後にまた新たに測定することで誤差を減らすことができます。

次の記事へ