JSCCを事業とする企業比較サイト

ホーム > 計測器の校正について > 計測器を使用した校正を行う重要性

計測器を使用した校正を行う重要性

小学生の頃から授業には図工があり、物を作るという事を経験します。
物の高さや長さを測りながら物を作る事は、日本における物作りの原点とも言えます。
小学生の授業であれば物差しなどを使用して長さを測りますが、企業など物を作ることを専門にする場合はより精密は長さを測定する必要があります。
そのため様々な種類の計測器を使用することで、より正確な長さをだし、ずれのない物を作ることが重要になります。
そんな中で校正は作成する物の長さの信頼性を高めることが可能です。
素材を切りだす時点で計測器を使用し長さをはかり、作り途中でも測り、完成後でも長さをチェックします。
このように標準機を用いて校正を行う事で、より正確で精密な物を作ることにつながります。
実際に精密な長さを測ることは物作りにおいて重要なことであり、計測器を使用する人も正しく使用し、正しく管理する事もポイントとなってきます。



計測器を使用して行う校正方法の種類

物を作る企業にとって、計測器を使用して長さを測る際に校正を行うことは基本となります。
正しい長さを測ることは商品の完成度を挙げるだけでなく、信頼を高めることにもつながります。
そのため日本における物作りには欠かせない点検方法と言えます。
では実際に行う場合の方法として、大きくわけて3種類の方法が存在します。
企業の規模や作成する物など、事情に合わせて行う方法は変わってきます。
まず1つ目の方法として社内で行う方法があります。
実際に校正を行う人を認定し、行う周期や基準などを取り決めたうえで実施します。
社内で行う場合は様々な状況に合わせてすぐに行えるポイントがあります。
2つ目の方法として社外があります。
計測器を事業者に送る事で、社外に依頼する形になります。
3つ目の種類として出張があります。
社外にいる校正担当者などに依頼をし、社内に出張してもらうことが可能です。



計測器の校正は業者に相談したい

計測器には色々なタイプのものがあります。
道路でよく見るような精密機械であったり、工場で見かける特殊なものを測る精密機械であったりします。
また、精密機械とまではいかないものの、手作業で計測を行う機械なども計測器に含まれます。
これらの機械を毎日使用していると、ほんの少しはズレが生じる可能性があります。
このズレは点検をしていると分かるのですが、使用している人がおかしいと感じたらかな機械がズレていることがあります。
このズレをそのまま放置しておくと、計測しても正確な数値を測ってくれません。
そのため、ズレを修正します。
ズレを修正する作業が校正になります。
校正をするのは、扱っている作業者ではなく、計測器を販売している業者や校正の知識が豊富な業者の人間になります。
業者の人間でないと元の寸法通りに戻すことは難しいことから、おかしいと感じたら業者に相談するといいでしょう。

次の記事へ