JSCCを事業とする企業比較サイト

ホーム > 計測器の校正について > 計測器を定期的に校正すると信頼できる

計測器を定期的に校正すると信頼できる

工場などでは製品の寸法を測るために特殊な計測器を使っています。
かなり特殊な製品になってくると、1ミリ以下のものを測ることもあります。
この測定を繰り返していくと、本当に計測した数値が正しいのかということが疑問として起こりますが、疑問を解消するのなら校正をすることです。
校正は、計測した数値が本当に正しいのかということを行う作業です。
ほとんどの場合は、製品の測定をする前と測定をした後の両方で校正を行うようになります。
この作業をすることによって、計測器にズレがないかを数値で確認をします。
さらに、数値化してズレがないかを確認したら、今後のためにも結果を残しておかないといけません。
定期的に数値を確認することによって、現在計測している数値が信頼できるものなのかが分かるようになりますので、作業者も自信を持って作業ができます。



計測器の校正の周期に関連する事柄

計測器で測った数値が信頼できるものにするためには校正を行うことは不可欠だと考えられます。
では、どのくらいの周期にするのが適切なのかに関して、迷っている人もいるのではないかと思われます。
この周期におけるルールは原則として存在せず、また校正に関連する機関はこの周期を決めることは不可能です。
従って、計測器の使用者が使用の状況などを考慮した上で周期をどれくらいにするのかを決めることになります。
ただ、だからといって周期をあまりにも長い期間にすると、測定が信用できないものになる場合があります。
メーカーが推奨している基準が周期における基準としていますが、機器の使用頻度で決まることもあります。
計測器が正確であるためにはこの作業は大切だと言えますが、それを行う周期においても同じようなことが言えると考えられます。



どのような計測器にも校正は必要

計測器の導入を考える際に大切なことは、どれを選べばいいのかということを考えておかないといけません。
測定する製品は会社によって様々ですので、どの会社でも同じ測定器を選べばいいということではないことから、難しくしています。
たとえば、単純な測定をするのなら、簡単に測れるものでかまいません。
しかし、かなり難しい測定をするのなら複雑な計測器を選ばないといけないでしょう。
表示画面がデジタルになっているものや、測定する単位がミクロ単位になっているものなどがあるので、それらの中から選ぶようになります。
計測器を単純なものを選ぶにしても複雑なものを選ぶにしても、校正はしっかりと行うことです。
校正は測定をした際の誤差を教えてくれます。
毎回同じように計測をして誤差がなければ問題ないのですが、機械ですのでいずれは誤差が生まれてきます。
誤差が生じたまま計測をしても意味がありませんので、校正は必要です。

次の記事へ