JSCCを事業とする企業比較サイト

ホーム > 計測器の校正について > JCSSの概要

JCSSの概要

計測器の精度や機能、動作などの現状を確認することを「校正」と呼びます。ただ計測器の状態を調査するための作業ですので、「校正」を行うことで精度や機能が改善されたり、性能が維持管理されるわけではありません。
言い換えるならば、計測器の器差を確認することであり、修理やメンテナンスとは目的が異なります。「校正」が定期的に行われることにより、計測機器の性能が評価され、自社の製品保証が間接的に立証されます。

この「校正」作業に関連する、計量法に基づいた制度がJCSSです。
これから、JCSSの概要を紹介していきます。JCSSとは、 Japan Calibration Service System の略称で、ISO 17025 に準拠した国家標準器とのトレーサビリティのある「校正」を行うための制度です。平成5年11月から、通商産業検査所によって「校正事業者認定制度」として運営されてきました。
その後、平成17年7月より「校正事業者登録制度」に変更となり、経済産業省および独立行政法人「製品評価技術基盤機構 NITE 」が 所管して現在に至っています。 「校正事業者登録制度」は、計量器の校正事業者を対象とした任意の制度です。
登録のための審査は、「NITE 認定センター」が国に代わって行います。申請のあった事業所の品質システムの運営状況、校正方法や「不確かさ」の見積り、設備等が校正事業に適切かなどを基準として、校正を実施する者の能力を調査し登録を認定します。このように、第三者である「NITE 認定センター」が、校正の能力を認めていることにより、JCSSの登録事業者は高い信頼を得ることができます。
また、この登録事業者から校正を受けたユーザーの計測器に対する信頼性の証明にもつながります。

JCSS登録事業者は、特定標準器(国家計量標準)によって校正された標準器(特定二次標準器)、または特定二次標準器に連鎖して段階的に校正された標準器(常用参照標準)を保有することが義務づけられており、これらの標準器を用いて対象となる計測器の校正を行います。
前述の「不確かさ」とは、国際的にも使用されている計量の用語で、校正によって得られた値の信頼値を示しています。トレーサビリティの取れた標準器として使用する場合には、「不確かさ」の値が表記された証明書を用いることが必要不可欠であり、その値の算出は国が認定した評価要領に基づいて行われます。